MENU

復縁には未練が必要?別れた後も忘れられない印象的な別れ方

どんなに大好きな相手でも、彼の方から「別れよう」と言われてしまっては、なかなか関係を修復できません。相手が別れを望んでいるならば、
ここはひとつ気持ちを抑えつつ「復縁」に標準を合わせ、別れた後も心に残る関係でいた方が、復縁しやすいようです。

 

そこで、男性の心に残りやすい、別れた後も忘れられなくなる別れ方をご紹介しますので、参考にして下さいね♪

 

 

●復縁には未練が必要?別れた後も忘れられない印象的な別れ方

 

・別れる時はすっぱりと別れる

別れ話を切り出される前のふたりというのは、なんとく「あ、彼の心が離れて始めてるかも」と気づいたり、「別れ話が出そう」という気配を感じる
ことが多いですが、もうそうなったら、自分の気持ちが彼を手放したくないと思っても、復縁に向けて気持ちを切り替えすっぱりと別れを受け入れた
方が、「別れたくない、悪い所なら治すから」とすがりついてしまうより、復縁できる可能性がグッと上がります。

 

一旦気持ちが離れ始めた相手に泣かれても、ますます心は冷めていくことを覚えておかないと、復縁できなくなりますので要注意です。

 

 

・「今まで付き合ってくれてありがとう」と感謝する

別れる前にぐちぐちと言われるち気持ちも冷めてしまいますが、別れ際に「今まで付き合ってくれてありがとう」と感謝の言葉を添えられると、別れを切り出した
側である彼氏の罪悪感も薄らぎますし、別れた後で元カノになった相手のことを思い出すことがあっても、美しい思い出に変わりやすいので、男性の心に残りやすく
なります。

 

 

・別れ際に相手の悪口を言わないようにする

別れ話になると「あなたのそういう部分が嫌」と相手の事を傷つけようとして、わざと傷つくようあな言葉を吐く人もいますが、復縁を望むなら相手の存在や性格を否定するようなことを絶対に言ってはいけません。

 

口に出していいのは、あなたと一緒にいてどんなに楽しかったか、自分がどう変わったか、幸せだったかなどの、恋愛期間中での良かった部分をい強調しつつ、別れるようにしないと、後ろ髪を惹かれるような別れ方はできません。

 

 

おわりに

一旦別れてしまったら、もう復縁なんてムリと落ち込んでしまいますが、どうしても彼じゃなきゃダメと思うなら、友達として連絡を取れるくらいの関係に戻ることを意識して、笑顔で別れておかないと復縁できる可能性が下がってしまいます。

 

復縁には多少の時間がかかりますが、別れ際に下準備をしておくかしておかないかで可能性が変わってきますので、くれぐれも悪態をついたり嫌がらせをしないように気をつけておきましょう。