MENU

無愛想で強面の男性が好きになった時のアプローチ方法

男性は元々無愛想な人が多いものです。
しかし、その無愛想な男性に何故か魅かれ、気がつけば恋をしていた・・なんてことはありませんか。
見るからに強面で無口な硬派の男性と親しくなれる方法はあるのでしょうか。

 

1.まずは挨拶

 

お互いが社会人ならば、挨拶をすることは基本です。
まずは貴女が明るく「おはようございます」と声をかけましょう。
男性によっては聞こえない程の声で「・・ぅっす」しか返してくれない人もいます。
それでも毎日声をかけることにより、無愛想な男性でも目がしっかりと合うようになります。

 

彼の口元がちょっとでもほころぶようになれば、挨拶作戦は成功です。

 

2. アイテムを利用する

 

昼休みなどには、最近話題になっているような本や、新聞を持ち歩きましょう。
彼の目に留まるようなチャンスがあったら、「今、この本にハマッてるんです、おもしろいですよ」「今日はどこも一面がこの記事ですよ」など、特に相手の返事を期待しない会話をします。

 

そのうちに彼から「今日は何読んでるの?」と聞いてくるかも知れません。

 

3.スポーツの話題は豊富にしておく

 

男性は、スポーツや競馬などが好きな人が多いものです。
スポーツの話題は仕入れておいて損はありません。
彼に直接ではなく、彼の側で他の男性と話している内容が聞こえることにより、「今度話しかけてみようかな」という気にさせる効果があります。

 

もちろん彼の趣味が分かれば、それについて調べてみて、質問をしてみるのもテです。

 

4. 話しかける姿勢

 

彼に話しかける際に、正面から向かっていくのではなく、横の方から首をかしげるように話しかけてみましょう。
相手が硬派で目を合わせることが苦手でもこれならぎこちなくなりません。

 

何人かで話している時には「○○さん、そう思いませんか?」と話を振ってみましょう。
もしも男性が言葉に詰まるようなら「ムチャぶりでした?」と冗談を言うのです。

 

5.ちょっと突っ込んでみる

 

話をしていて、彼が少しでも笑顔を見せるようなら「あー笑った!」と可愛らしく突っ込みます。
からかうのではなく、驚いたように見せるのがコツです。

 

「俺って、そんなに怒っているように見える?」と聞かれるようになったら脈アリです。

 

終わりに

 

無愛想な男性は、顔がそのように見えるだけで、決していつも怒っている訳ではないのです。
単に誰も話しかけてくれないからそのような表情で落ち着いてしまっているだけです。
逆にまけじと話しかけてくる貴女に対して好意を持ってくれる可能性が充分にあり、落とせる確率は非常に高いと言えましょう。